【株を守りて、兎を待つ】

古い習慣や過去に偶然成功した経験にこだわり、いつまでも進歩がなかったり融通がきかないことのたとえ。

タクシー業界も変革を迫られているとき、「昔はよかったなあ」ではさらなる発展がないということではないでしょうか?

Follow me!